ブログトップ

へたっぴルアーマンの釣り日記

発光路の森で・・・

10月8日(日)、久しぶりの管釣り釣行です。
今回は地元(とは言っても20km以上離れていますが・・・)の発光路の森にくろやんと出撃しました。
発光路の森は王様こと村田基氏がたびたび取材などで訪れる人気の管釣りで、1号池から3号池と新しくできたストリームエリアから出来ていて、エリアのすぐ横には粕尾川が流れ、山と川に囲まれ自然環境に恵まれています。
しかし、山間にありエリアも4つあるためポンド間が狭く、混んでいるときはFFの方には少々窮屈な思いをしなくてならない観があります。
f0092492_16321473.jpg




今回は、ストリ-ムエリアを攻めてみようと、オープン時間の朝7時少し前に到着すると、すでに車が10台以上あり管理棟はチケットを求める人たちが並んでいた。
今まで何回も着ているが、こんなに込んでいるのは初めてというくらい朝から人が来ていた。今までは7時になっても社長は来ないので勝手に釣りを始め、あとでチケットを購入することがあるほどだったのに・・・
チケットを購入し大物がいる3号池に直行。くつろげるようイスをセットし、まずはフライをセット。朝一はドライでストリームエリアと言われている狭いポンドを攻めるが、活性が低く反応がよくない。何とかそこでイワナとレインボーを釣り上げ、飽きたので3号池へと戻った。
インジケーターをつけちょっと太いと思ったけど6Xのティペットに前日に巻いたインチキフライを結びキャスト。さてちゃんと釣れるのか不安だったが、案の定インチキフライでは反応が鈍い。それでもしばらくするとインジケーターが消しこんだ。
『フィ~ッシュ!!』
なかなかの引き。上がってきたのは35cmくらいのレインボー。たてつづけに同サイズを追加。その後はポツポツと40~50cmクラスが顔を出すが、元気イッパイの大型はなかなか上がってこない。そのうちプチッとティペットが切れてしまう。こんな状況が何度か続き、今度こそと思いインジケーターにニラミをきかしていると
『ツツッ!』
と反応が・・・
『ウ~リャッ!!』
あわせを入れると魚信が手元に伝わってきた。
『ギラッ!』
と光ったように見えたがちょっと違う。違和感を感じた。
『なんか白いんだけど・・・』
上がってきたのはグッドサイズなのだが、白く綿の生えたレインボー。
『やっちゃた~!減点1だなこりゃ!』
こんなレインボーでもちゃんとフライを咥えてる。初めて釣ってしまった。
気を取り直して釣りを再開。釣れればグッドサイズなのだがなかなかあたらない。
そろそろ飽きてきたので、最後に1尾を釣ったらあがろうとこれまたインチキフライを結びキャストをすると、程なく
『ツツツッ!』
インジケーターに反応があった。あわせを入れると首を振る手応えが手元に伝わってきた。
水面に浮いてくるとなかなかいいサイズ。寄せてくると潜られ、また寄せてくると沖に走られを繰り返し、腕がプルプルしてきたころようやく空気を吸わせ手元に寄せることが出来た。
ちょっと早いが午後3時これで納竿とした。
いや~、久しぶりの管釣りは疲れた。顔は日に焼けるし・・・(笑)
次はおっきな管釣りの東古屋かな~。
f0092492_16331577.jpg

[PR]
by yasu-yamame | 2006-10-11 16:36 | 管釣り