ブログトップ

へたっぴルアーマンの釣り日記

初湯の湖で・・・

f0092492_8332016.jpg
23日は秋分の日、この日は湯の湖でファイナルフィッシングフェスタが行われるため、今回もくろやんと一緒に一発大物狙い、優勝狙いで行ってきました。
5時にくろやん宅に迎えに行き、いざ湯の湖を目指します。実は私湯の湖で釣りをするのは初めてで少し不安でしたが、何回か湯の湖釣行しているくろやんが一緒に行ってくれるのできっと大物が釣れるだろうと期待して車を飛ばしました。いろは坂を越え中禅寺湖を過ぎ赤沼茶屋へ到着。くろやん恒例のすっきりタイムが済み駐車場を見るとmorioさんの車を発見。準備中のmorioさんに挨拶し入漁券を購入して湯の湖に向かいました。



湯の湖の処理場横に車を停めいざ出撃!!今日は山側を釣り歩くことにした。早速よさそうなポイントに着き湖畔に下りる。風もなく湖面は時折小さなライズが起きている。小型スプーンをチョイスしキャストを開始する。程なくしてくろやんのロッドが撓った。上がってきたのはレインボー。う~、うらやましい!
こちらも湯の湖初物を求めてキャストを続ける。岸際で10cmにも満たない小さな魚がルアーにじゃれついてくるが大きな魚からの魚信はない。ポイントを徐々に移動しながら釣り進むが、くろやん共々沈黙。このまま沈黙してしまうんじゃないの?といや~な予感が頭をよぎった。
さらに釣り進み湯川への流れ出しのポイントに到着。フライマンが流れ出しを攻めていたので山側の少し離れたところに入りスプーンをキャスト。藻の上を通過したとき
『プルプルプル』
f0092492_8341487.jpg
とかすかな手応え。湯の湖初物はイワシのような痩せこけたブルックだった。その後はあたりもなくポイントを移動。少し山側に戻りワンドを攻める。
数キャスト目に先ほどより少し強めの『プルプルッ』が手元に伝わってきた。上がってきたのはまたしてもブルック。1尾目よりは型がよくなった。
さらにキャストを続けると
『ゴンッ!』
とひったくる様なあたり。ドラグが『ジジッ』と鳴る。ロッドもいい感じに撓っている。果たして上がってきたのは30cmをちょっと超えたくらいのレインボーだった。しかし、岸に寄せようとしたとき無念のフックアウト。「まあいいか」初物出たし、そんなに大きくないしと気持ちに余裕がでていた。
湯の湖を1週してもいいか、とまたまたポイントを移動する。国道側のポイントを探して歩く。やっと入れそうなポイントを見つけキャストすると押さえ込むようなあたりが手元に伝わる。あわせを入れると
『ゴンゴンゴン!』
と確かな手応えが・・・寄せてくると鰭の丸い30cmをちょっと超えるくらいのレインボーがあがってきた。続いてくろやんも同じ位のレインボーをかけた。二人仲良く釣り上げポイント移動。その後あたりもなく漁協前に着いてしまった。そこには漁協のトラックが・・・放流タイムが始まった。漁協のあんちゃんが持つネットの中にはドデカイ魚が入っていた。放流した魚は水に慣れていないのか放流場所にじっとしているものもいた。レストハウス前に行くと放流した魚を狙う釣り人が岸釣、ボート関係なく『ウワー!』と集まっていた。それも岸からキャストすればボートにぶつかるくらいの近さに・・・
とてもこんな中では釣りなんてできない。人気のいない場所に行くとそこは藻だらけの場所。それでも藻の隙間には大物が隠れているかもしれないと思い、藻の上を通すと『プルプル』と今日一番小さいあたりが・・・
上がってきたのは10cmにも満たないホンマスの稚魚だった。
湯の湖1周のハイキングはこれで終了。天気はよかったけど大物は釣れず期待はずれで午前中で納竿とした。あ~、ストレスが~!!思いっきりいい釣した~い!!!!!
f0092492_836610.jpg

湯の湖釣行のあと、中禅寺湖の流入河川で魚ッチングしてきました。もうヒメマスの遡上は終わりのようで見当たりませんでした。その代わりホンマスの遡上がすごかったですよ~。ちょっと感動ものでした。
[PR]
by yasu-yamame | 2006-09-29 08:37 | ルアー