ブログトップ

へたっぴルアーマンの釣り日記

初の秋田釣行

今回の釣行はshojiさん、Mr.Sさんとの初県外&初キャンプ釣行です。
場所は秋田県田沢湖近辺。以前daikyuさんkomさん、shojiさんが釣行した場所へ行ってきました。
daikyuさんグループと現地で合流することにして、出発は6月23日午後11時。東北道を北へひた走る。気温は18度。暖かい。魚の活性も高ければ・・・と期待に胸を膨らませながら車は秋田へと向かっていく。
途中2回の休憩をはさみ、盛岡インターチェンジには3時過ぎに到着。給油し食料を調達して46号を秋田へ向かった。




川へ到着したのは4時を回っていた。天気は曇り。早速着替えを済ませ川に降り立つ。3人ともミノーを結びキャストを開始。程なくして小さな魚信が手元に伝わってきた。あがってきたのは小さなイワナ。秋田でのファーストフィッシュ。記念にパチリ。
f0092492_1565959.jpg

釣りあがるが型が小さい。その後車でさらに上流へ移動する。鉄橋下に車を停めそこから再度釣りあがる。
Mr.Sさんが、泣き尺ヤマメを釣りあげ大物に期待が膨らむ。しかし、コンスタントに数は出るものの20cmから25cmとサイズがあがらない。
しばらくすると、流れの際からやっと出ました秋田のヤマメ。サイズはあまり大きくないがきれいなヤマメだった。
f0092492_1574145.jpg

その後さらに釣りあがり、木が覆いかぶさっているポイントにミノーを滑り込ませトゥイッチをかけた瞬間、
ググッ!!
っと押さえ込むような強いあたりがきた!走る魚をいなしあがってきたのは尺はありそうなイワナ。さあ、記念写真をと思ってカメラを取り出そうとした瞬間、ネットからするりと逃げ出していった。あちゃ~、やってしまった!ま、いっか。また釣れば。
気分も新たに釣りを再開する。しかし、釣れてくるのは20cm程度のイワナばかり。もう何尾釣ったか数えるのもいやになってきたとき、
「ピッ!ピッ!ピッ!」
まるで自衛隊が行進してくるような笛の音が聞こえてきた。と思ったらdaikyuさんを先頭に6人のグループが現れた。挨拶を交わし、daikyuさんグループはさらに上流の大堰堤から上を釣り、われわれは、その大堰堤まで釣りあがることにした。
daikyuさんグループと別れ釣りあがるが、サイズは相変わらず・・・。やっとそこそこの型が出たのは1つ目の堰堤下でのことだった。堰堤億の流れが反転している付近にミノーをキャストし、こまかいトゥイッチをかけポーズをとり再びトゥイッチをかけた瞬間、ググッ!っと魚信が帰ってきた。あがってきたのは28cmのイワナ。写真も撮らずにリリース。まだまだ大きいのがいるはずだ!とキャストを繰り返すが小さいのが追ってくるだけだった。
堰堤を越えさらに進むとサイズは少し上がったが尺に届くものはなかった。
徹夜の影響と日頃の運動不足のせいもあって集中力がなくなってきたことと、数的には満足できたため本日は納竿とした。

その後、田沢湖駅前で昼食をとり買出しを済ませ田沢湖畔のキャンプ場へ。テント、タープを設営後温泉でひとっ風呂。(乳白色の硫黄泉でとっても気持ちよかったっす~!)
テントに戻りしばし仮眠を取ることに。
daikyuさんグループが到着前に空腹に耐え切れず夕食をとることに。Mr.Sさん特製サラダにはビックリ!簡単においしいサラダがあっという間にできるなんて・・・(マジウマかったっすよ~!!)
夕食を終え焼酎を飲んでいると、真っ暗な中2台の車が現れた。daikyuさんグループの到着だった。早速バーベキューの用意をして合流。
f0092492_1592980.jpg

男9人の怪しい団体の釣り談義で盛り上がっていると、別のキャンパーから苦情が・・・。トーンを落とし続けるが、皆さん疲れきっていたためウトウトし始める。でもdaikyuさんは違っていた。どこにその元気があるのか不思議だった。もしかしてアトム?原子力で動いてる?なんて思えた。(ごめんなさい)
我々ルアーマン3人は明日のために寝ることにしテントにもぐりこんだ・・・。

続きはまた・・・
[PR]
by yasu-yamame | 2006-06-27 15:10 | ルアー